つまり呪詛って
「誰か」を対象として
自分が創り上げている場合がほとんどなんですよね。

解脱~とか、かいほーとか、クリアリングーなんてやってたら、さらにどんどんと「誰か」が増えてゆくので、さらにもつれにもつれて重篤になっちゃうよね。

じゃあ、どうしたらその中から脱出できるのって?わけで、ご神仏が門戸を開いてくださってるんです。
そうすると「誰か」をつぶして、自分の足で抜け出すことができるようになります。
俺にもたくさんの経験があるもんねぇ~
この巡礼を重ねて、しばけた呪詛がたくさんありました。

なかなかそれを専門にしているご神仏は少ないんですが、巡禮記でしっかりご案内いたします。

あなたらしい魅力を
精いっぱい開花できます様に

 

====================
暮らしが祈りではなく、無意識に
呪詛で満ちていると、
常に
【誰か】の感動の人生をなぞって生き続けていなければならなくなる。
【誰か】の教えを、言葉を、理解しなくちゃと不安になる。
【誰か】を尊敬してそのように生き続けることを自分に強いてしまう。
または、逆に出ると、
【誰か】の感動の人生に反発して生き続けることで自分のアイデンティティを保ってしまう。
【誰か】の教えや言葉を攻撃し続けることで、リベンジに生きる時間を使ってしまう。
【誰か】を尊敬している人たちを馬鹿にすることでプライドを保ってしまう。
からです。もちろんこれは一例です。
決めつけるものでもありません。
いろんな形で出てきますがどれも本人がしんどいのが共通項です。
===============

●2021年 3月6日(土)〜7日(日)
●参加費3万円
中学生以下は無料です。
昼食代、宿泊費、移動交通費費などは各自でご用意ください。
※なお、現地での移動負担の一部をみなさまで
お車代としてドライバーさんに渡せるように
ご協力をお願いしています。
1日千円にてよろしくお願いします。
詳しくは参加の方にご案内します。

●3月6日10:30 集合
★集合場所は車の人と電車の人で異なります。
※集合場所は
車の人は吉備津「彦」神社の駐車場
電車の人はJR岡山駅西口になります。

●7日17時ごろ解散
時間は前後することがあります。

●ご参加枠 15名さま
●先達 巡禮記 田中一人 松本育子
●お申し込みはこちらのフォームよりどうぞ!
https://ws.formzu.net/fgen/S98130559/
必ずご連絡のつく連絡先を記入していただき、巡禮記からの返信メールやご連絡が受け取れるように設定をお願いします。

【巡禮予定地】
※予定は変更することがあります。
★3/6土曜日
吉備津彦神社
吉備津神社
最上稲荷山妙教寺
★3/7日曜日
白龍池
妙教寺奥の院 龍泉寺
奥の奥の院 一乗寺

●宿題
巡禮記の巡礼まんだら・裏まんだらを書いてきてください。
【巡禮記のオリジナル巡禮テーマ】
◆吉備津彦神社
◆吉備津神社
→陰陽師の知恵と神仏の智慧
◆最上稲荷山妙教寺
→過去への祓いと今を生きる覚悟
◆白龍の池
→身体の感性と心の感性のすり合わせと確認
◆妙教寺奥の院
→龍泉寺 呪詛をしばく
◆奥の奥の院 一乗寺
→呪詛を祈りへ

 

●お申し込みはこちらのフォームよりどうぞ!
https://ws.formzu.net/fgen/S98130559/