巡禮記(じゅんれいき)

  

  

  

  

  

  


大昔、まだ何もなかったころね、
たぶん「ヒト」ってのは
5人くらいの家族になったら、
山や海や河を眺めて、空を見上げて、
手を合わせたと思うんだよ。
いとなみにかかわる命すべてを
まるっとお護りくださいますようにって、
自分たちよりはるかに大きい存在である
「カミ」や「ソセン」に祈ったんだよ。

「ヒト」は地球上で唯一「信仰」をもつ  いきもの。

巡禮記(じゅんれいき)は日常の中に在る、
そんなあたりまえのこととのおつきあい。


★巡禮記について★

巡禮記(じゅんれいき)は宗教団体ではありません。
またどのような組織、団体とも関係はなく、
「組織」としての活動はしておりませんし、
組織としての活動実績もありません。

特段の会員制度のようなものもなく、
参加するしないなどの参加態様の定めもありません。

巡禮記は国家、信教、宗旨宗教の分け隔てなく、
豊かな人生をおくりたいから
「信仰」を大切にしようとする人々が集まった場所で、
先達2名が案内係として運営をしています。