巡禮記 先達はおかげさまで

たいへん好評いただいてます!
お詣りがググッと深くなるし
(と、よく言ってもらえる)
何倍も面白くなるみたいですヾ(๑╹◡╹)ノ”
安心して楽しんで参加してくださいね!

 

●熊野三山ツアー3/9〜11  大好評(^-^)

https://www.facebook.com/events/1151377888329579/?ti=icl

 

 

私たちは日々ここで
たくさんの人の中で生きているからこそ
その集合意識に巻き込まれてもいくし、

分離感や乖離感のなかで自分という存在から
見たい世界を体験していきます。

巡禮記の遠足でのお詣りは
そんな日々の普通の暮らしで生まれてくる
「嘘のない自分自身の祈り」をしっかりと
それぞれができることを一番大切に
しています。

 

それは、先達の祈りでもあるので
参加者の皆さまにもごく自然に
そのように起こってきます。

 

そうなると、プロセスとしてあっても
欲だけを吐き続けるような
お詣りにもならず、

その願いをして自分を
どう生かしていきたいのか、

何を大切にしていきたいのか、が
わかりやすくなり、

ご先祖様やご神仏と
同じ方向を向くような思想が
出てきやすくなります。

 

叶う、ことはご神仏との共同作業。
自分が生きて動いていく軌跡。 

 

祈り自体が目的意識になってしまうと
結果主義で神仏までをも善悪判断したり
どんどんと服を着込むように
どんどん食べてしまうように
架空の【満足】の夢を追い続けてしまうけれど

祈りをする度に、そう生きるのだと
自覚して、身体を使って生きることは
内なる【満足】を育ててゆく作業。

そして目や口やすべての毛穴から(笑)
祈りを叶えて行く、祈ったように生きていく
喜びを滲み出すように溢れさせるように
行動してゆくこと。

人は矛先を、何度でも見つめなおして
楽しく豊かに生きられる。

誰かをディスる暇があったら
なにかを決めつける暇があったら
思い切りの今を、生きて楽しもうよ(^-^)

 

その方向にいつだって

切り替えて行ける、そんな巡禮記です。