ブログ 巡礼のおはなし

厄神さま。 人の「厄」とは何ですか?

投稿日:

 

厄神さま。 人の「厄」とは何ですか?
+*+*+*+*+*+*+*+*+
.
ひとの「厄」というのは
あなたたちが自ら発したことへの
あなたたちにとって不本意な「還り」をいいます。
.
自分を悪く言うこと
他人を悪く言うこと
.
自分を否定すること
他人の自由を抑制すること
.
自らを不幸せに思うこと
不幸な理由を作ること

裏切ること 憤ること
暴れること 粗末にすること .
天からその結果が還ってくることを
「厄」といいます
.
あなたたちが発することには
神仏は何も制限することができないから
自然にあなたたちがその還りを受けることになります
.
その還ることが「厄」となって還ってきたとき
神仏は祓い清めすることはできません
.
だから「厄」というのです
.
「厄神」というのは
あなたたちが発したことに「厄」となって還る結果を防ぐのではなく
あなたたちが発することを静かに聴いて
忌事が希望になる瞬間を見つけているだけです
.
あなたたちが発することが
希望や祈りになって 私たち権現や明神は
はじめて動くことができますから
.

原文+*+*+*+*+*

 

ひとのこれ やく といふは
おのが はなつるが かえることをいふ

おのがおのを わろくおき
たれかを わろくにいふこと
おのを なきものとするが おきかた
たれかの すなんとするを あばくがこと
おのがうまれを のろふこと
しあはせこぬ もろもろ こしらへむとすること

よそほし むつかり
あらそひ やつり

そをはなち てんより よからぬしらせあること
すなわち やくといふらむ

そなたらの はなつことごと
かみほとけは あずかりにくきことならば
そなたらが てんの さだめうくるは しかるべきこと

そのさだめも われら かみほとけは はらいにくし
すなはち そを やくといふ

やくじんみょうおうとは これ やくをはらふべからずして
そなたらの はなつを きくのみにして
いのりたるあらば うごかんとす ごんげんなり

そがさだめとして すはりなむとす

-ブログ, 巡礼のおはなし

執筆者:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。