ブログ 巡礼のおはなし 氏神さま結び

お参りの仕方も祈りの作法も供養のノウハウもぶっとばして大切なこと。

投稿日:

祈るのは自分のためだ。

そしてそれは、誰かのためだ。

.

.

自分のためが人のためになるっていう

裏表ひっくり返したらそうなってたみたいな

この世のカラクリを

自分だけの力ではないヒントで

体感してって、体感させてもらえる。

.

.

そっからどう生きたいのか?!

お任せもできるし、創り上げてもいけるよ!

っていう両端っこをなわとびみたいに持って

人生好きに飛んでみたり

遊んでみればいいよ。

っていう、神様仏様ワールドの懐は巨大。

.

.

生きることが祈りそのものだと思う。

どう今の条件で遊ぶかも

しんどいことを解決したいっていうのも。

.

感謝とか幸せとか怖さとか不安とかは

食欲とか睡眠欲とかおならやゲップと

同じじゃないか。

素直に沸いた時に感じて

出したい時に出せばいいじゃないか。

.

.

ただそこには、安心感がやっぱりいるし

一人ぼっちな感覚は誰にでもあるけれど

それが覆っていると素直になれないから、

.

祈りは、自分となにかのつながりを

大昔から伝わる懐かしく想定外な世界と

自覚しながら手を合わせて結んでいくこと

なんだろうなと思う。

.

外側になく、内側に広がるそのなにか、は

外側からひっくり返るところにもあって

人によってどんな切り口でもどんな道でも

辿り着けるようになってるんだろう。

.

.

.

神仏に名前をつけて祈るのも

たくさんの祈りの場所を護るのも

みんながそんな結びをして

素直に生きたくて、大切にしてきた。

.

ずっと前から、もう作法とかそんなのが

決められるずっと前から

伊勢に天照大神さまを祀って

戦いに挑んだ大海人皇子さまのころから、

もっと前の文明から。

.

.

私たちはみんな、神様仏様からみたら

こども。

だから、もし今、祈りの作法に疲れてたり

毎日こんなにして供養してるのに変わらない

とか、大切な自分の祈りの可能性や期待を

そんな形だけに丸投げしてたりするならば、

.

一旦、でいいからノウハウをポイして

ぶっとばしちゃって、

鈍くなった生の感覚を思い出そう。

.

.

好きな神社やお寺に行って

好きな聖地や好きな場所に行って

ぼーーってしてみよう。

.

湧くものがなくてもいいし

何かしなきゃと焦ってもいいし

何も出てこなかったりぐちゃぐちゃでも

どんなのでもいいから、そこの神仏に

ありがとう、して抱っこされてみよう。

.

抱っこされるだけの自分を許して

そんなのも祈りなんだ、むしろとっても

原始的な祈りなんだって味わってみて。

.

幾世代、いつくもの輪廻転生で

やってきたことだって、大丈夫。

.

なわとびの両はしをその両手に握って

何しよ!ってにっこり笑えるあなたは

必ずその中にいる。素直な感性の塊として。

わざわざ探さなくても、ずっとそこにいる。

.

.

可能性を、決めつけないでいて。

幸せを簡単に大人ぶって定義しないでいて。

素直さを諦めないでいて。

祈りの無邪気さを許してみて。

.

ひっくり返って次々と発見されていく

この世界と手を繋いでいくとき

あなたの世界はきっと、想定外に優しいよ。

.

..

 

巡禮記 松本育子

.

●巡禮記 ホームページ

https://jyunreiki.com/

●氏神さま結びはこちら!

 

 

-ブログ, 巡礼のおはなし, 氏神さま結び
-, , , , ,

執筆者:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。