日本全国広しと言えども、
淡路島の七福神ほど、きっちりと福運を授かる準備に適した札所巡りはないんじゃないかと思います。

それぞれの神様が、たずね来る人々の言葉をしっかりと聴き届けてくれるように
お世話をなさる方々や、願いをかなえられたおびただしい人々に崇敬されて
私たちがたずね来るのを待っておられます。

ですから巡禮記は、常々神様や仏さまとのおつきあいの方法を申し上げています通り、
皆さんが皆さんのまっすぐな祈願をもってこの神様方に対面できるよう先達させていただくことにしました。

で、下の表を注意してご覧いただきたいのですが、七福をつかさどっている神様がた(諸天様もおられますが)
全て、神社ではなく寺院で供養されておられるんです。
(それぞれ空海様、行基さま、聖徳太子様にゆえんのある、古いお寺です)
神様なんですが、庭で雨ざらしになっている方はおらず、中にはそのお寺の本尊として坐っておられる方もいます。

大黒天(だいこくてん) 八浄寺
寿老人(じゅろうじん)  宝生寺
毘沙門天(びしゃもんてん) 覚住寺
恵美酒神(えびすがみ) 万福寺
布袋尊(ほていそん) 護国寺
福禄寿(ふくろくじゅ) 長林寺
弁財天(べんざいてん) 智禅寺


(マツコさんそっくりの弁天様もいるんだよ)

このように日常からご供養されていて、来る人が絶えないというのは、
人が持つ「幸せになりたい」という願いを進めてこられたおびただしいご経験をお持ちで、
なおかつ七福神さま相互の協力体制が極めて「蜜」だということです。
この企画まであからさまに七福神巡りをしなかった巡禮記が、満を持して皆様をご案内したい、
つまり、とても祈願のしやすい聖地なんです。

皆さんが日ごろ崇敬なさっている氏神さまや、ご供養なさっているご先祖様、ご縁故のかたがたをつれて、この七福神様とご縁を結ばれてゆくと、いったいどのようなことが起こるのかな?と、今から楽しみにしております。


 

ご参加いただくにあたって、商売繁盛、恋愛成就、諸願成就なんでもいいんですが、
祈願の基本をもう一度おさらいしながら内容を説明しますと、
とくに「福を授かる」という祈願に関しましては、それらのほとんどが「欲望」に準ずることだと思うんですね。
ですからそこは、「欲を言ったら、神罰が下る」などの脅し文句にひっかかって委縮しないようにすることが大切だったりします。

1,今の現状を、ごまかさずに説明すること
2、その現状をどうしたいかって、照れ隠しせずに言うこと

これが基本中の基本ですね。
この作業を巡礼中、7カ寺で、もれなくできるようにしておきましょう。
これが何かの教えでブロックされていて、それに甘んじている方は参加しても意味がありません。

それから

3.今までその願望について、どのような努力をしてきたか言うこと
4.そして、自分の至らなかった部分が何であったかを、認めること
5.どのようなことで迷いの中にあるかの分析をすること

そうです、皆さんの祈り自体が、誰かに誘導されていたものであったりしますと
この部分が「麻痺状態」になりますから言えなくなっていると思いますので、
ここは、誘導を受けていた方でも構いません。
この際ですから、きれいに祓いを祈願して、自分本位の生き方に戻していただきましょう。

6.次の一歩をどうすりゃいいかをたずねること
7.この巡礼で叶ったことを踏まえて将来展望をしっかりと話すこと

順番は人によって前後しますが、以上のように、あっけにとられるくらい素直な祈願なんですが、このように巡礼を進めてまいります。

巡礼の一番は大黒天さまのところに参りまして、
今まで受けてきた人による操作、例えば、

・前世が何だから こうだ
・生まれがこれだから こうだ
・次元が低い
・恋愛・お金のブロックがあるから外してもらった
・過去世の業(ごう)を清算できてない
・修行が足りてない
・家系が祟られてる
・狐が憑いている
・天神様は祟り神だから行ってはいけない
・自殺霊が覆いかぶさっている
・逆に 崇高な存在に護られている
・あなたとあろう人が、まさか、そんなはずはない

などなどの揺動操作は、あなたを神仏の前で本気で祈らせないようにするための噓ですから、
言った奴と言われたことをぶっ潰してから巡礼を進めてまいります。
七福神さま全体の、神様としての祓いはこのような作用があり、
その祓いが完了したら、仏さまとしての智慧を被せてくださるような感覚ですね。

巡禮記としても、参加者様の祈願成就のため、重要な定番ツアーになりそうです。
この度は第1回目となりますが、どうぞ繰り返してご参加くださいませ。
先達一同、ばっちりと案内を務めさせていただきます。


 

巡禮記ツアー 淡路七福神巡り

●開催日:2021年4月17日~18日(土日)

●参加費 35,000円
中学生以下は無料です。
昼食代、宿泊費、移動交通費費などは各自でご用意ください。
※なお、現地での移動負担の一部をみなさまで
お車代としてドライバーさんに渡せるように
ご協力をお願いしています。
1日千円にてよろしくお願いします。
詳しくは参加の方にご案内します。

●集合解散、その他の詳細は、お申込くださった人のみに直接お伝えします。

●ご参加枠 15名さま

●先達 巡禮記 田中一人 松本育子

●お申し込みはこちらのフォームよりどうぞ!
https://ws.formzu.net/fgen/S98130559/

必ずご連絡のつく連絡先を記入していただき、巡禮記からの返信メールやご連絡が受け取れるように設定をお願いします。