.

須佐厳の職業って何ですか
本職って何ですか?
とよく尋ねられるのですが、

.
その時は、胸を張って「商売人です」とお答えしています。
.
なぜかというと、
人が生きて行くためには飯を食ってゆかなくてはなりません。
それには労働やら経営やら、つまり飯を得るための手段が必要なんです。
必然的に「職」というものに就きますが、ここで再確認しましょう。
.
「職」には貴賤の差はありません
.
マイクロソフトのビルゲイツさんも歴代の日本の総理大臣も、
須佐厳も、そば屋のおやじも、飯を得るため方法は異なりますが
みんな同じ行動をしています。

.
そうです、生きてゆくために労働をしている。
ここに差別は生じません。なりわいの姿や、年収で職を差別する人は根本的にヘンです。

でもね・・・「生き方」にはその差が出てくるんです。
.

言葉で表してみましょう。
礼、義、信、恩、謝、募。
これを表現すること、できる人とできない人がいます。
ひどい人になりますと、親の代から理解すらできない人もいるので驚きです。

.あなたはできていますか?
例えば 信じられないくらい簡単なことです。
.
電車で座っている時に、お年寄りやら体の不自由な方に前に立たれて、
あっ!勘違いしないで下さいね。席をゆずるんじゃないんですよ。
俺の言いたいのは、
寝たフリをしないでね、ということです。
.
そうだ、この際ですから、
須佐厳の「商売の師」の話をいたしましょう。
.
ええっ?!あの辛口評論の須佐厳に師匠がいたのお?!
何をおっしゃいますやらお客さん。
「師」がいたから今までやってこれたのです。
.
しかしながら須佐厳の師は日本人ではありません。

.
富豪を作ることもできず、すぐにポシャる小金持ちを
薄っぺらく養殖する経営セミナーではありません。
.
悲しい話、どこかで島国根性が見え隠れする日本人の中には「師」は
おりませんでした。
.
俺の商いの「師」は、常におれが傍で商売を学んでこれた、
おひとりは神戸在住の、そしてもうおひとりはバンコク在住の
華僑なんです。
.
今日、神戸の関帝廟に久しぶりにお参りをして
師匠のことをふと思い出しましたので、
忘備録もかねて、皆様に知っていただければと思います。
.
須佐厳
.
–生き方と師について–②神戸の華僑老師 に続く