お前たち凡夫は 大変だよな。
  「幸せに 生きてゆこうとする」
  壮大な修行から 逃げることは できないもんなー!
.

  俺たち坊主は、たとえ一瞬でも
  修行や 仏法や 涅槃に 逃げれる。
  その気があれば 入定だってできるもんな。
.

人知を超えた 過酷な修法を 満願した ご僧侶ほど
そう云い、
凡夫の「夢」を ほとけに届けようとする。
.

  そうだろ、俺たち凡夫には
  逃げ道がない!
  恐れ入ったか、頭が高い!
.

そう 先達が返し、
二人で 大笑いする。
.

だから先達は 凡夫の代表として
凡夫(私たちことです)に、
ほとけの前で ありったけの「夢」を
.

邪魔されず、語ることができるように 案内する。
.

僧侶も先達も
できるだけ多くの人を
かみほとけの前に 連れ出そうとする。
.

「夢」というのは 人の「欲」である。
.

自ら欲を封じ、凡夫と仏の 仲立ちをしようと
仏道修行に 明け暮れた僧と、
.

心無い言葉で、
「夢」を 封じられた凡夫に、
かっ達に夢を語ることを 思い出させる先達。
.

お役目どおりの自分であろうとする、

そんな二人の友情。
.