今日の多賀大社。
雪、雨、晴、曇、雪、晴、、、と
変化に富んだ天気。
全ての天気を1日で
体感したような。
.

. 人から学ぶことはない、
. 人から学ぶは他人の都合。
. まず 神仏から学ばれよ。

.

そんな言葉から
スタートした
今日の巡禮記遠足
多賀大社。

.
こちらは、ほとんどの
日本の神様を産んだ、
いざなみのみこと、
いざなぎのみこと、
.

そして、その2柱が
黄泉の国の姿、
亡くなられた姿も祀られている。
.

くまのふすみのかみ
(いざなみのみこと)

くまのはやたまのかみ
(いざなぎのみこと)
.

神様も、死ぬ。
.

そして、それは
過去のことではなくて、
今も繰り返される
神話、生と死の物語。
.

人は神のウツシ。
神仏から
学ばれよ、学ばれよ。
.

100年あるかないかの
命の間にどう生きたいのか。
.

まずは火の神と火の権現に、
燃やし尽くしたいものを
伝えるがよい。
.

先へ進む時の躊躇を
燃やし尽くしたいなら
そう伝えるがよい。
.

本殿では、
何を産みたいのか
伝えられるがよい。
.

誰と何を産みたいのか、
そんな願い方もあろう。
.

最後に、菅原道真公に、
魂に足りぬ学びが何かを
たずねられよ。
.

ーーーーーーーーーー

凡夫先達 田中一人さん、
主催 梅村順子さん、
ありがとうございました

お多賀さんの本殿まで来ると
怖気づく私。
.

よっぽど自分から
出てくるもの「産む」もの
が怖いのか、子宮あたりが
からっぽになっちゃうのですよ(^^;;
.

そこで
お願い漏れしてたなと気づいた
.

『産む躊躇を燃やし尽くしてください』
.

を、追加願いしに、
また入口に戻ったのでした(๑ ́ᄇ`๑)
.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人から学ぶな、神から学べ の 注釈と本意。——-

人をして
神から教えられることはたくさんありますが、
神のふりをする人から
学ぶなと言うことでございます。

例えば、どこそこの神社にカップルで行ったら別れる 等

須佐厳