ブログ 巡礼のおはなし

クリスマスに祈りの大元の光を感じてみよう🎄

投稿日:

【クリスマスの祈り】

クリスマス、普段キリスト教に

馴染みがなくても、日本では

盛り上がる風物詩のようにあるが

神社仏閣へ日々お詣りされている方においても、

人の信仰や祈りというものを

自分の身体と心で感じてみる

いい機会になるように思う。

 

.

.

森羅万象に八百万の神々を観て

仏の智慧悟りに合掌する祈りとは違って

キリスト教では主なる神がいて

輪廻転生や先祖供養もなく

ひとの生き死にも神様の思し召すままに。

.

だからこそ、人は祈り、歌う。

.

ひとが生まれても愛の歌、賛美歌で祝福し、

そして亡くなっても

主のいる天国へ召されたことを想い、

愛の歌で送り出す。

.

.

大切な、大切なひとが、

神に召されることはものすごく

悲しいけれど、

愛されて生きて

愛されて召される、そのことをただ

すべて主である神様に委ねる

全肯定の祈りの歌なのだろう。

.

.

昔習っていたゴスペルの先生は

クリスチャンのアメリカ人で、

五歳のときに死に別れたお父さんと

いつかきっと天国で会える、そう

信じて賛美歌を歌い続けてるんだ、と

語っていた。

.

クリスマスはイエスキリストの

生誕を祝い、

主の愛を伝え続けてくれたことによる

救いと恩恵を

一人一人が感じて祈る日だそうだ。

.

教会にはクリスチャンでなくても

クリスマスイブのミサに来る人を

受け入れてくれるところも多い。

.

.

もしチャンスがあるなら

宗教観が違っても、ぜひ

クリスマスイブの礼拝、ミサへ

一度足を運んでみてはどうだろうか。

.

.

.

祈り、信仰は

本来、宗教観による垣根などなく、

.

この地球でひとが喜んで生きるために、

生きて苦しみを生み出してしまうからこそ

一緒に温かく嬉しく生きるために、

一人一人の開かれたハートから

湧き出してくるもの。

.

.

例えばミサの賛美歌の優しさに

触れて、愛を歌う音に体が震えたり、

違う宗教観の人も、みんな

幸せに生きたい想いは同じだと

人の集まる温かさを感じたり。

.

.

私はクリスチャンではないので

誤解を恐れつつ、覚悟の上で

キリスト教の細かいことや

発展したその教えなどは

無知を失礼して割愛するが、

.
気持ちのいい信仰の根っこにあるもの

愛や大慈大悲、霊験、ご加護

いろんな言い方があるけれど

どれも、大元は同じ『嬉しい光』だと

感じている。

.

.

それは見上げた真っ暗な夜空に

懐かしく輝く星の光と同じ。

大好きな人の瞳の奥の光と同じ。

.

.

生まれて初めてその身に浴びた

日の光と同じ、ただ愛されて

生きていることで受け取れる光だ。

.

そんな大元の光を、

ときには別の視点から

感じてみませんか。

.

.

あなたの、かけがえのない

生きた五感で。

.

巡禮記  松本育子

-ブログ, 巡礼のおはなし
-, ,

執筆者:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。