ブログ 巡礼のおはなし

ご神仏は「予言」をしません

投稿日:

人は何かの志(こころざし)を持った時に、
神仏に願いを立てます。

その願いを聴いたご神仏は、
ご神仏といえども、まず現実に、その人の目の前にあるものを
その人と一緒に見ようとします。

その人が現実に聴こえることを
一緒に聴こうとします。

その人が肌で感じている現実の空気や状況を
共に感じようとなさいます。

そして、その人が請願(誓い)を立てた通り、
その人の周りのご先祖様や、ご縁故の方と
一緒に行動を起こそうと試みるときに、

神様は、その豊かな経験をその人に伝えようとし、
辛辣な場合が多いですが、
障害になりそうなものや、
特に、いたずらに嫉妬をするような人の祓いを行います。

さらに、仏さまは、誰かをして、
豊かな智慧をその人の元に届けようとし
不必要な人の縁を絶たせようと試みられます。

その時、ご神仏が決してなさらないのは
その人が感じることのできない「予言」です。

「予言」といわれるものの ほとんどは、
「楽観」か「恐怖」である場合が多く、
神仏ではなくて、心無い人間が、その人より優位に立ちたくて
する行為ですよね。
なるほど、「予言」されれば、
その人が神仏の使いとまで錯覚してしまいますよね~

一方、ご神仏は、予言をしたからと言って
ご修行が進むわけではありませんし、

実際にその人が感じることができないことを聞かせて、
その人の努力という行動を邪魔することはなさいません。

それをよく考えますと、

人が実際に感じることのできない「予言」という行為をするのは
あなたの人生にとって不必要な「人」であるということになります。

これをよく理解して、ご神仏の前に進み出るようにしましょうね。


 

巡禮記遠足・ツアースケジュール

★巡禮記イベント・ツアー・遠足スケジュール★

-ブログ, 巡礼のおはなし
-

執筆者:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。