例えば、どこの神社に行っても、神様はあなたに、
パワーとか、光とか、珠とかをくださることはありませんが、
(神仏に成りすました雑霊は、珠とか刀とかを売りつけます)

でも、たとえば、おみくじを引かせてくださいます。

そのおみくじってのは、
あなたが今、そこで展開した祈願というものに対して、明らかに神様から頂く返事ですから、

吉凶判断に終始せずに、
次にどのように動いてゆけばいいか?
何に注意すればよいか?なんかを読み解いて、

あなたが、あなたのために動けるパワーにしていただくのが、
内容のある祈願ではないかと思いますし、
神様とのおつきあいの方法そのものなんです。

聖地のパワーは、いただきもののようですが、
実際は、あなたの判断そのもので、あなたが決して、動くことであったりします。

神様や仏さまは、あなたの次の参拝で、その動きを報告としてご覧になって、
次の智慧を繰り出そうとなさいますので、
つまり聖地は、他力と自力の融合の場であるわけです。

頂いたおみくじは、木に結んで捨てるのではなく、持って帰りましょう。

聖地の名と、日付を記入して、ノートに貼り付け、
どんな祈願をしたかを書き留めて日記にしてゆきますと、
祈願と自分の動きが整理できていいと思います。

巡禮記先達