ツアー・遠足 ブログ 巡礼のおはなし

江ノ島 岩本楼の八臂弁財天様に願う 財の磨き方

投稿日:

江ノ島
【岩本楼の八臂弁財天様に願う 財の磨き方】
.
.
江ノ島に渡り、青銅鳥居をくぐって
商店街で賑わう参道をゆく道すがら、
.
元江島神社別当寺であった岩本院
改め、岩本楼という旅館があります。
.
.
巡禮記の江ノ島遠足では必ずここを
先に訪れて、岩本楼さんのロビーに
祀られている、
.
八臂弁財天様と十五童子様がた、そして
宇賀神様に手を合わせます。
.
(お写真は岩本楼さんHPよりお借りしました)
.
ご眷属の十五童子さまを従えたこの
八臂弁財天様の像は元々江島神社に
あったものだそうです。
.
別当寺として地域の人々の信仰を支え
守ってこられた岩本院の
本尊としておられる力のある弁財天さまです。
.
大きさにして50センチを少し超えるほどの
弁財天像なのですが、目の前に立つとその
迫力やお力を肌で感じてしまうのではないかと思います。
.
.

八臂弁財天像の 8本の仏手には、

弓、箭、剣、宝来、輪宝、鉾、鉢棒、長杵を

持ち、武勇、戦勝祈願の神様とされています。

.
ちなみに、江島神社の奉安殿におられる
八臂弁財天様も、同じように8本の仏手に
剣や弓や蓬莱を持っておられます。
.
縁起では養和2年(1182年)奥州藤原氏を
討伐する際に、源頼朝様が戦勝祈願として
文覚上人に命じ勧請したとのこと。
.
どちらの八臂弁財天様も、
男性である時の武将たちが
こぞって弁財天さまの信仰をもって
その身と武運を託し国を治めようとした
その歴史を見てこられた仏様ですね。
.

.
弁財天様は古代インドの水(河)の神

サラスヴァティー」様が由来となっていて、
奈良時代に仏教とともに日本に伝わりました。
.
日本の七福神では吉祥天様と習合されたりも
しています。
.
※お写真は江島神社hpより
.
八臂弁財天様は
一面八臂の姿で女性としての悟りを持ち、
.
祈る人々に
.
・言葉(表現)の才
・あらゆる智慧
・才を磨いて成す財宝
・循環よき延命
・互いに生かし育て会える良縁
.
を与えて下さり、
.
・悪夢・邪気・呪術による縛り・鬼畜を
降伏する祓いをくださる徳をもつ
女性の諸天様として信仰されています。
.
.
弁財天様への祈願は、巡禮記ではよく
女性が笑って美しく健康である」ために
今出来ること、そうあるための智慧を願う
とお伝えしています。
.

.
女性が笑ってやれることは「才」だし
美しくあるように心身巡らせることも「才」
健康にいられる心身整えることも「才」
.
.
つまり、その才そのものを生み出す
女性的な部分に対して、
.
才のサポートする環境を作ることや
才の変化に柔軟に対応する形を見つける、
.
才を創り出す材料を集める、
活かす工夫をする、
.
伝える、表す、訳す、練る、
才を継続できる基盤をつくる、支える、
不要な物を壊す、離す、ならす、
.
整理する、考える、結びつける、重ねる、
新たな刺激となる新開地を拓く、見せる、、、
.
などの男性的な実行、行動力によって、
.
才はより活かされ磨かれて財となります。
.
財は一夜にしてならずなのですね^_^
.
.
受け継いだと自覚する才、
誰かと出会うことによって生まれた才、
認めたらそこにあった才、
新たに湧いてきた才、それぞれに
どんな財に磨くかは自分次第。
.
なんのために、どんな風に、
それも、自分次第。
.
※お写真岩本楼HPより
.
.
またその財は、今度は握りしめずに
あらゆるやり方、あらゆる智慧を借りて
目の前の人、周りの人に惜しみなく
使うことで、
.
 
 
.
財は何度も何度も磨かれ、磨き合い、
やがて自分のものか人のものかなんて
どうでもよくなるほどの光を放ってゆき、
.
お金や人のつながりや仕事や
豊かだなと感じる物事など、
より財を活かせる豊かさを暮らしに集めます。
.
.
成功哲学でもなんでもなく、
元々ある才にまで立ち返り
.
自分が笑ってやれること、から戻って
磨き方の智慧を祈ることから。
.
.
岩本楼の
八臂弁財天様の前で、原点に立ち還り
胸の前にそっと手を合わせにゆきましょう。
.
女性の悟りをもつ、めちゃくちゃ現実的な
弁財天様の智慧を願いに。
.
巡禮記  松本育子
.
.
●巡禮記 江島神社 7/13土曜 参拝遠足
参加者さん募集中です!ご一緒にぜひ!
.
●巡禮記 先達付きのお参り 遠足とツアー
.

-ツアー・遠足, ブログ, 巡礼のおはなし
-, , , , , ,

執筆者:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。