ツアー・遠足 ブログ 巡礼のおはなし

【江ノ島太師太師のお不動様に、納めの祈りを】

投稿日:

【江ノ島太師太師のお不動様に、納めの祈りを】

.

江ノ島には、

鹿児島県  最福寺の関東別院である

江ノ島太師」というお寺があります。

.

 

巡禮記の江島神社のお参り遠足の締めは

ここで、「納めの祈り」をしています。

.

一見お寺には見えない外観ではありますが

お堂の中に入ると、とても落ち着く薄暗い

本堂に座ってお参りすることができます。

.

.

室内にある像としては国内最大

高さ6mの不動明王様がご本尊。

赤不動と呼ばれ、すごい迫力なんです。

.

.

脇には不動明王様の眷属三十六童子がずらり。

.

愛染明王様も、お大師様もおられます。

.

.

 

 

さて、巡禮記のお参りの

納めの祈りとは何かというと、

.

神様に祈って祓い清めを受けた心身の状態を

仏の智慧を借りて自分自身の腑に落とし、

.

具体的に今日からどう行動するかを考えて

静かに、落ち着いて、仏前で手を合わせ

祈ったことを、振り返り、

自分に擦り合わせてゆく時間をいいます。

.

.

この時間を最後に持つのと持たないのとでは

それぞれ皆様の心身が

祈ったように生きるのは自分である

と腹をくくる度合いが

全然違いますから、大切にしています。

.

お写真は江ノ島太師HPよりお借りしました。

.

 

ここの迫力あるお不動様の前では

興奮も自己卑下もハイもローも

スパーーンと一瞬で祓われますので

どすん!と肚が落ち着いてきます。

 

.

.

そんな納めの落ち着きのなかで、

例えば、

.

「自分の中の葛藤を解きほどく」

.

「こんがらがってもつれたものを、
解き直して割り切るところは割り切る」
.
「自分の本意思ではない選択をしていないか
もう一度考え直して問答してみる」
.
「自分がいま一番考え感じていることの
最小単位を自分らしく選択してみる」
.

など、ひとりひとり違う、現実味のある

日常を具体的に動かしていく方向を

今日の祈りとともに感じてみます。

.

.

お不動様は護摩焚きの煤で真っ黒に

なっておられますが元々赤くて

火を表しておられます。

.

火とは動き、意志行動の方向への祓いと智慧。

.

.

脇侍におられる愛染明王様は

それに対して水を表しておられて、

.

体験し尽くす全てをどう捉えてゆくか、

やってみることからの気づき、許容と受容、

陰極まって陽に転ずる気づき、などの智慧を

祈る人が自ずとわかるように

与えてくださいます。

.

.

そんな火と水の仏の悟りの世界を

私たちにもわかりやすく、親しみやすく

見てわかるように、その場にいるだけで

肌で落ち着きを感じられるように、

智慧を体感で伝えて下さる弘法大師空海様。

やっぱりすごいなぁと感じます。

.

.

神様に祈った後の仏様の納めの

「落ち着き」タイムは、心地よく、

.

生きていく日常のなかでも、

やってみて、感じてみる、考えてみる

という積み重ねの習慣にもつながり、

自分らしい生き方の創造に生きてきます。

.

.

江ノ島太師のお不動様で納めの祈り。

どん、と落ち着いたところから

祈った先の自分と今をしっかり結び

たのしんでいきましょう。

.

巡禮記  松本育子
.
.
 ☆お不動様の記事はこちらもどうぞ^_^

【不動明王様】〜小さな大きな決意の祈り〜

https://ameblo.jp/ikuko-love-joy/entry-12095001646.html?frm=theme

      

.

●巡禮記 江島神社 7/13土曜 参拝遠足
参加者さん募集中です!ご一緒にぜひ!
.
●巡禮記 先達付きのお参り 遠足とツアー
.

-ツアー・遠足, ブログ, 巡礼のおはなし
-, , , , , , , ,

執筆者:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。