ツアー・遠足 ツアー遠足おさそい ツアー遠足レポート ブログ 巡礼のおはなし

秋の飛鳥遠足で 【 感得する】祈りを

投稿日:2019年9月22日 更新日:

巡禮記では

遠足やツアーのなかで、
訪れるお寺や神社の境内にある
龍神さまを祀る場所にもご案内しています。

巡禮記先達チームは、

自然のあらゆるうごき、ながれを龍、
そして「龍神」と呼んでいて
.
.
その中には
個人的に感じる特別なエネルギー体や
守護や導きの信仰の対象も
自由に含まれるのですが、
.
あくまでも、
どんな人にも必ずある
「この命を生きている」という動き・流れ
 そのものを龍として
 .
 
それを、どんな神仏の動きや流れ【龍神】に
寄り添わせて生きていきたいか、を
龍神さまへの感得の祈りとして
ご案内しています。
.
.
.
先日の奈良の談山神社の
龍神さまを祀る水辺の祠で
先達チームからは
こんな話をお伝えしていました。
ご紹介します(^-^)
.
****************
.
.
お花かわいい!と笑う人をみて
いいなぁ、と感じるのは
その龍(動き、流れ)を
感得することになる。
.
.
何かに感動している人をみて
その龍(うごき)を感得すること
.
.
恐れ多い畏怖の念を感じている人をみて
その龍を感得すること
.
例えば神社仏閣聖地で
ここにいてありがたいなと
感じている人をみて
その龍神を感得すること
.
.
そうやって「幸せそうな」
「面白そうな」「心震えるような」
動きやながれ全てを感得して行くことが、
.
.
龍神への寄り添う祈りそのものになる。
.
.
.
ここで言う感得することとは
同じように感動しろとか感謝しろと
言うのではなく、
.
.
まだ自分には未体験だから
同じ気持ちにならなくてもよくて
.
ただ、その出来事を素直に
自分の世界に映し出されたこととして、
感じ入るということだ。
.
.
人は連鎖する生命体なので、
感得することでそのような動き、流れを
自分にも呼び込み自分のこととして
体験して行く運びになってゆくからだ。
.
.
.
龍神スポットで祈るとそれに気付きやすく
見つけやすくなるだけのこと。
幸せな流れへのチャンスに触れやすくなる
だけのこと。
そこで何かをもらうことが祈りじゃない。
.
.
何に、ひとの
「幸せそう」「面白そう」「感動」を
感得するかはその人によって違うからこそ
心地よく感じる流れへの寄り添い方も膨らみ方も違う。
.
.
神仏として祀られておられる
龍神さまの場で
自分の流れを祈るとき、
.
自分の中にだけでなく、
.
まわりの世界の流れや動き
ひとつひとつの指先にも、
感得して行く素晴らしいものが
溢れていくことに気がつく。
.
.
.
どんな龍神(動き、流れ)も
点(自分という個、1つの視点)だけでは
何も起こらないし、存在しないのだから
.
.
身近な人たち、その場にいる人たち、
目の前の人たち、目の前に広がる風景、
すぐそこにある動きや流れに
.
.
あなたの心動くものに
寄り添わせたいその流れに
自分の龍神を感得させていこう。
.
.
龍神への祈りは
特別な存在になることではない
すごい人になることでもない。
.
.
そんな当たり前を、
目の前の暮らしの世界を、
大切に感じ入って、その喜びや有り難さや
嬉しさを波紋するところまでさせていく
祈りに、他ならないんだよ。
.
.
そこに、幸せのひみつは
川底の砂金のように
たくさん散らばっているんだよ。
.
.
巡禮記  松本育子
.
****************
.
こちらの記事も併せてどうぞ!
●飛鳥を巡禮するわけ
.
【巡禮記  秋の 奈良飛鳥遠足】
.
秋の奈良へ。
豊かな信仰、悠々とした自然の
残る中に、大切な祈りのエッセンスを
感得できる、そんな巡禮記の遠足。
.
みずみずしい感性の弾力を心に戻しゆく
飛鳥を巡る日帰りプチトリップです。
.
.

◎ 巡禮記遠足 飛鳥巡礼

日時:2019年10月8日(火)
11時から18時くらいまで

集合、解散場所は、

お申込みいただいた方にお伝えします。

参加費:1万円

巡礼場所
・檜隈大内陵
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社
・談山神社
・阿倍文珠院 など
(時間の関係、参加者の必要性で、はしょったり、増えたりするところがあるかもです~)

お申し込みはこちらからどうぞ!
https://ws.formzu.net/fgen/S98130559/

.
.

-ツアー・遠足, ツアー遠足おさそい, ツアー遠足レポート, ブログ, 巡礼のおはなし
-, , , , , , ,

執筆者:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。