あなたらしく生きる
を考えるとき

先祖代々受け継いできた「善」を表現するのか

その場の雰囲気という雑霊に取り憑かれて
その場しのぎの表現をすることなのか

誰かに教わったことに着物を着せて表現することなのか

供養と言われる場にあって
あなたの表現のソース自体が供養できているかどうかを鑑みるとき
あなたらしく生きるという
とてもむつかしく与えられている義務が実は
とても単純なものだと言うことがわかってくる

※斎場御嶽 三庫理の横のイビ
(Photo:宮井裕美)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です